過去・完了・存続・確認の助動詞(た(だ))

今回は、助動詞「た(だ)」について学んでいきましょう。

次の文を見てみましょう。

 

「昨日は21時に寝た。」

 

単語に区切りますね。

 

「昨日/は/21時/に/寝/た。」

 

「た」は、過去の意味になっています。

では、次の文を見てみましょう。

 

「ちょうど勉強が終わった。」

 

単語に区切りますね。

 

「ちょうど/勉強/が/終わっ/た。」

 

「ちょうど~た」という完了の意味です。

では、次の文を見てみましょう。

 

「海底に沈んだ船。」

 

単語にくぎりますね。

 

「海底/に/沈ん/だ/船。」

 

「だ」は、その状態が続いているという存続の意味を表しています。

また、「た」は、動詞が「ん」の形だと「だ」となります。

では、次の文を見てみましょう。

 

「あの人は誰だったか。」

 

単語に区切りますね。

 

「あの/人/は/誰/だっ/た/か。」

 

「た」が確認の意味を表していますね。

 

このように、「た(だ)」は、過去・完了・存続・確認の意味を持っています。

 

では、活用を見てみましょう。

 

(未然形)「こわかったろう」「沈んだろう」

(連用形)なし

(終止形)「書いた」「沈んだ」

(連体形)「書いた本」

(仮定形)「書いたらば」

(命令形)なし

 

前回は、断定の助動詞「だ」を習いましたね。

 

 

練習問題

断定の助動詞「だ」としっかり区別するために、練習をしてみましょう。

次の「だ」と同じ用法のものをあとから選びましょう。

 

(1)綱をしっかりとつかんだ。

(2)バットは彼のと同じだ。

 

ア.彼のお母さんは上品だ。

イ.雪が降りそうだ。

ウ.この服はわたしのだ。

エ.大空を舞いとんだ。

 

(1)の「だ」は、過去の意味です。

(2)の「だ」は、断定の意味です。

 

アの「だ」は、「上品な」の終止形

イの「だ」は、助動詞「そうだ」の語尾。

ウの「だ」は、「わたしの(服)だ」という意味なので、断定。

エの「だ」は、過去の意味の「だ」

 

ですから、答えは、(1)はエ、(2)はウになります。

ちょっと難しいかな?

 

サブコンテンツ