連体詞

今回は「連体詞」について学んでいきましょう。

次の文を見てみましょう。

 

「あらゆる人がここに来ている。」

 

単語に区切りますね。

 

「あらゆる/人/が/ここ/に/来/て/いる。」

 

「あらゆる」という言葉に注目してください。

自立語ですね。

そして、「人」という名詞(体言)にかかります。

 

さらにいうと、活用がありませんね。

連体詞とは、その名の通り、「体言に連なる詞」なのです。

次に連体詞の形を学びましょう。

 

①「~の」「~が」

例をあげると、「この家」「わが家」のような形です。

②「~な」

例を挙げると、「大きな声」「おかしな声」のような形です。

③「~だ」

例を挙げると、「たいした人」「とんだ人」のような形です。

④「~る」

例を挙げると、「あらゆる事情」「ある事情」のような形です。

 

次に連体詞の特殊用法について学んでいきましょう。

次の文を見てみましょう。

 

「このようにしてください。」

 

単語に区切りましょうね。

 

「この/ように/し/て/ください。」

 

「この」という連体詞が、「ように」という助動詞に続いています。

次は助詞に続く場合です。

次の文を見てください。

 

「このくらいの量。」

 

単語に区切りますね。

 

「この/くらい/の/量。」

 

「この」という連体詞が、「くらい」という助詞につづいています。

連体詞の問題は、連体詞がかかる語を抜き出す問題が多いので注意してくださいね。

サブコンテンツ