形式用言

今回は、形式用言について学んでいきましょう。

形式用言には「形式動詞」と「形式形容詞」の二つがあります。

まずは、形式動詞について学んでいきましょう。

 

形式動詞

次の文を見てみましょう。

 

「子どもが遊んでいる。」

 

単語に区切りますよ。

 

「子ども/が/遊ん/で/いる。」

 

「遊んで」という言葉に、

「遊ぶ状態を続けている」という意味で「いる」がつけ加えられています。

 

このように、形式動詞は、言葉の本来の意味を離れて使われます。

また、形式動詞は「遊んで」に「いる」が補助的な意味を添えているように、

その文節と補助の関係の連文節を作ります。

 

形式動詞の練習問題

ちょっと練習してみましょう。

次の文から形式動詞を一つずつ抜き出しましょう。

 

(1)これはピカソの絵である。

(2)かばんをしまっておく場所がない。

 

一発でできますか?

 

(1)は、「ある」、(2)は、「おく」ですね。

 

 

形式形容動詞

では、次に形式形容詞について学んでいきましょう。

次の文を見てください。

 

「よく考えてほしい。」

 

単語に区切りますね。

 

「よく/考え/て/ほしい。」

 

「ほしい」が形式形容詞なのですが、

「手に入れたい」という「ほしい」の本来の意味を離れて、

「考えて」に希望の意味を付け加えています。

 

このように、形式形容詞は、形式動詞同様に、言葉の本来の意味を離れて使われます。

次の文を見てください。

 

①「お金がない。」

②「美しくない」

①の「ない」は、「存在しない」という意味の形容詞です。

②の「ない」は、「美しく」を否定する意味の形式形容詞です。

 

この違いに注意しましょうね。

サブコンテンツ