副詞

今回は、「副詞」について学んでいきましょう。

次の文を見てみましょう。

 

「はっきり話せ。」

 

単語に区切ります。

 

「はっきり/話せ。」

 

「話せ」という動詞を、「はっきり」が限定していますね。

このように、主に用言(動詞、形容詞、形容動詞)を含む文節に係る単語が、「副詞」です。

副詞は、自立語で、活用がありません。

 

練習問題

ちょっと練習してみましょう。

次の文の中から副詞を抜き出しましょう。

 

(1)チャイムが鳴った。やがて先生が来る。

(2)この靴は少し小さい。

(3)彼の母親は、たいそうきれいな人だ。

 

 

(1)は、「来る」という動詞にかかる「やがて」が副詞ですね。

(2)は、「小さい」という形容詞にかかる「たいそう」が副詞。

(3)は、「きれいな」という形容動詞にかかる「たいそう」が副詞ですね。

 

 

状態/程度/陳述。副詞には3種類ある

副詞の種類には、3つあります。

一つ目は、「状態の副詞」です。

次の文を見てください。

 

「ゆっくり歩く。」

「ゆっくり」という副詞が「歩く」という動詞にかかって、その状態や様子を表していますね。

主に動詞に係るのが「状態の副詞」です。

 

二つ目は、「程度の副詞」です。

次の文を見てください。

「ますます増えた。」

「ますます」という副詞が「増えた」という述語にかかって、その程度や度合いを表しています。

 

練習問題

次の文の副詞の種類はなんでしょうか。

(1)母にまたしかられた。

(2)もう少し頑張れ。

 

答えは、(1)が状態、(2)が程度、ですね。

 

では、三つ目の副詞ですが、「陳述の副詞」です。

下に特別な言い方が必ず来るのが特徴です。

例を挙げますね。

 

「決してやすまない。」「少しも休まない。」(否定)

「もし、雨が降ったら、試合は中止だ。」(仮定)

「まるで、夢のようだ。」(たとえ)

「たぶん合格するだろう。」(推量)

「ぜひアメリカに留学したい。」(願望)

 

陳述の副詞はよく問題に出されるので、しっかり覚えておきましょう。

サブコンテンツ