「単文」「複文」「重文」の見分け方

今回は、「文の種類」について学んでいきましょう。

まず、文の種類は、3種類あります。

 

①単文

②複文

③重文

 

の3つです。

次の文を見てみましょう。

 

「彼女はしばらく休みます。」

 

早速文節に区切りますね。

 

「彼女は/しばらく/休みます。」

 

「彼女は」が主語で、「休みます」が述語なのは分かりますか?

それぞれ、文の中に、一つずつだけありますね。

 

このように、一文の中に、主語・述語の関係が一つだけある文を「単文」といいます。

単文は、主語・述語が一つしかないので、簡単に見分けられますね。

では、次の文を見てみましょう。

 

「波が高いので、船は出ない。」

 

これも早速文節に区切りましょう。

 

「波が/高いので、/船は/出ない。」

 

「波が」が主語、「高いので」が述語、「船は」が主語、「出ない」が述語ですね。

主語・述語の関係が2組ありますね。

そして、意味の上でそれが対等ではないですね。

 

このように、主語・述語の関係を二組以上持っていて、それが対等でないものを、「複文」といいます。

 

 

では、次の文を見てみましょう。

 

「波が高く、風も強い。」

 

早速、文節に区切りましょう。

 

「波が/高く、/風も/強い。」

 

「波が」と「風も」が主語で、対等ですね。

「高く」と、「強い」が述語で、これも対等。

 

このように、二つ以上の主語・述語が対等に並ぶ文を、「重文」といいます。

 

 

「単文・複文・重文」の見分け方の基本を最後に述べますね。

次の文を見てみましょう。

 

「その木も、とうとう次の年に枯れた。」

 

まずは、文節に区切ります。

 

「その/木も、/とうとう/次の/年に/枯れた。」

 

「どんな・いつ・何を」などを表す文節が修飾語でしたね。

それを消していくと、文がかなり単純になります。

この文では、「木も」が主語、「枯れた」が述語ですよね。

したがって、この文は「単文」です。

このようにして見分けていきましょう。

 

「単文・複文・重文」を見分けさせる問題はよくテストで出されるので要注意です。

 

 

練習問題

ちょっと練習してみましょう。

次の文のうち、複文はどちらでしょうか?

 

(1)この店がいいと私は思います。

(2)兄は明日ピクニックに行く。

 

(1)は、「店は」が主語、「いいと」が述語、「私は」が主語、「思います」が述語ですね。

それぞれ対等ではないですね。

(2)は、「兄は」が主語、「行く」が述語ですね。主語・述語が一組しかないですね。

ですから、答えは(1)が複文です。

 

続いて第2問、

次の各文の種類は「単文・複文・重文」のうち、どれにあたるでしょうか?

(1)私は音楽家で、弟は画家です。

(2)白い花びらが次々に舞い落ちる。

(3)人気のない夜の街はさびしい。

分かりましたか?

(1)が重文で、(2)が単文で、(3)が複文ですね。

理解が進みましたでしょうか?

頑張って覚えましょうね。

 

サブコンテンツ